台風25号2018予想進路は?九州(福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/鹿児島)上陸はいつ?

今年は台風のあたり年となっており、
各地での被害が拡大しております。

しかも、復旧もままならない
地域もある中、
立て続けに台風が発生しており、
予断を許さない状態となっております。

そんな中、9月29日時点で
台風25号が発生致しました

気になる進路予想などまとめました。

情報が入り次第更新していきます。

台風25号の詳細

【2018年10月4日 13:50の実況】

名前 台風25号 (コンレイ)
大きさ 大型
強さ 強い
存在地域 宮古島の東南東約240km
中心位置 北緯 23度55分(23.9度)
東経 127度25分(127.4度)
進行方向、速さ 北北西 20km/h(12kt)
中心気圧 960hPa
中心付近の最大風速 40m/s(75kt)
最大瞬間風速 55m/s(105kt)
25m/s以上の強風域 全域 220km(120NM)
15m/s以上の強風域
西側 750km(400NM)
東側 560km(300NM)

台風25号の「コンレイ」という名前は
台風委員会加盟国のカンボジアが用意した名前で、
「伝説の少女の名前」という意味です。

ガネーシャさま
伝説の少女が襲ってくるって考えると正直不気味です(笑

なんの伝説に出てくる少女なのか
気になるところですが、
調べても出てきませんでした。

今回の台風対策は「伝説の少女」に対抗して、
「一般の少年」を用意しておきましょう!笑

台風25号(コンレイ)の進路予想図は?

大型で強い台風第25号は、
4日13時現在、
宮古島の南東約310kmにあって、
北北西へ毎時15kmで進んでいます。

中心気圧は960hPa、
中心付近の最大風速は40m/sです。

この台風は、
5日9時には久米島の北西約140kmに、
7日9時には日本海に達した後、
9日9時かけてアリューシャンの
南を東へ進む見込みです。

台風周辺地域および進路にあたる地域は
暴風や大雨に、
台風の進路にあたる海域は猛烈なしけに
厳重な警戒が必要です。

 

台風25号(コンレイ)JTWC(米軍)の気象衛星画像は?


※TY30Wが台風25号(コンレイ)です。

沖縄を飲み込もうとしているのが
ハッキリと映し出されています。

台風25号(コンレイ)が九州に上陸するのはいつ?

大型で強い台風第25号は、
4日12時には、
宮古島の東南東の海上にあって、
1時間におよそ20キロの速さで
北北西へ進んでいるものと推定されます。

今後、台風は勢力を保ったまま、
5日には進路を北寄りに変え、
次第に速度を速めながら北上し、
6日には大分県に最も接近する見込みです。

台風が予報円の中心付近を進みますと、
大分県の早い所では、
5日夕方には風速15メートル以上の
強風域に入る見込みです。

台風の接近に伴い、
豊後水道では5日夕方からうねりを伴い
しけとなる見込みです。

また、大分県では5日から局地的に雷を伴い
1時間に40ミリの激しい雨が降り
大雨となるおそれがあります。

松下有菜さん(気象予報士)のツイートは?

まだ、25号に関するツイートはない
みたいです(;^ω^)

台風25号(コンレイ)まとめ

9/29 15:00に正式に
台風25号の発生が発表され、
10/4 14:00時点で
暴風域に入りました。

九州各地域にお住いの皆さんは、
今後の台風情報にご注意ください。

また、海や山のレジャーは
十分に気をつけてください。

イベントがキャンセルでも
家での楽しみ方もありますので、
参考になれば幸いです。

関連記事:台風時おすすめの過ごし方をご紹介

この記事が皆様のお役に立てれば幸いです。