テレビ

越智直正(タビオ会長)の経歴や年収は?豪邸も調査!11/12激レアさん出演

はいさい、黒糖先生です。

2018年11月12日に放送される激レアさんは

靴下を愛するがあまり、
靴下を噛むことでその靴下の善し悪しが
分かるようになった「靴下の神様」
』で
越智直正さんが登場します!

越智直正さんは、あの靴下専門店の「靴下屋」を
展開するタビオ株式会社の会長さんなんです。

そんな靴下愛のすごい越智直正さんを
今回調べてみました。

スポンサードリンク

越智直正(タビオ会長)のプロフィール

越智直正さんの情報が意外にも少なかったのですが、
基本情報をまとめてみました。

名前越智 直正(おち なおまさ)
生まれ1939年
年齢79歳(2018年11月時点)
出身地愛媛県

会社の経営は息子さんに任せて
79歳の現在でも商品開発に携わったり、
店舗へ視察をしに向かうなど
現役さながらの業務をこなしているというから
驚きですよね。

越智直正(タビオ会長)の経歴

中学卒業してから、16歳で靴下問屋に丁稚入りし、
28歳でタビオの前身となる会社を起業します。

そして、1984年に「靴下屋」の記念すべき
1号店をオープンさせ、現在では国内289店舗、
更にロンドンを始めとする海外にも進出させています。

イオンなどのショッピングセンターでよく見かける
「靴下屋」なのですが、まさか海外にまで
進出しているとは驚きですよね。

私は、靴下屋で買ったことはないのですが、
妻曰く、質が全然違うと言っていました。

特にタイツが伝線しにくく、
通常のものよりも厚めなので、
冬場はとても暖かいと言っていました。

越智直正さんをもっとよく知りたい方は
こちらの動画もご覧ください。

 

越智直正(タビオ会長)の年収

まず、タビオ株式会社の売上高は
2016年で 約166億9600万円となっております。

従業員数は2017年時点で、
223名、平均臨時雇用者数は578名となっており、
一般社員の平均年収は 484万3000円です。

また、現在お住いの奈良県広陵町に
かなり立派な豪邸をお持ちのようです。

推測になりますが、越智直正さんの年収は
億はくだらないのかもしれません。

しかし、この方はお金を稼ぐというよりも
靴下が好きすぎて、
良い靴下を作ったらお金がついてきた
というような感じなんでしょうね 笑

自分の好きな物を突き詰めていったら、
それが世に認められたということですね。

スポンサードリンク


 

越智直正(タビオ会長)の名言

天が重要な任務をある人に

与えようとする時には、
必ずまずその人の精神を苦しめ、

その筋骨を疲れさせ、
その肉体を飢え苦しませ、
その行動を失敗させ、

行おうとする意図と
食い違うようにさせるものだ。

これは天が
その人の心を発憤させ、
性格を辛抱強くさせ、

できなかったことを
できるようにさせるための試練だ。

(奉公先をクビになった時に
支えてくれた孟子の言葉)

困った時に役に立たない読書をして
なんの意味がありますか。

生きるために勉強していくのが
本当の活学ですよ。

僕は無学だったから
行き詰まるたびに
古典を紐解きました。

人間を磨かなかったら
ええ商品はできない。

おまえがつくった靴下を
靴下と思うな。

これはおまえの心を表現したもので、
おまえ自身なんだ。

(奉公先の大将の言葉)

振り返れば色んな事がありますが、
人間っていうのはその時、その時、
精一杯生きているものです。

昔も精一杯だし、
今も精一杯。

「先がない」と言うたら、
「わしはアホ」と言うてるのと
一緒のこと。

ヒントというのは、
足の踏み場もないぐらいあります。

(企業というのは)
経営者や従業員一人一人の
人格に行き着く。

そして、その人格の集まりが
企業の品格をつくりあげていく。

儲けだけを追求した
二流、三流の商品で
一番になっても意味がない。

上記の名言からも分かるように
苦労して一代で会社を築き上げてきた方の
言葉には重みがあります。

越智直正(タビオ会長)まとめ

今回、激レアさんに出演された越智直正さんに
ついて調べてみましたが、
如何でしたでしょうか。

越智直正さんは実は普段靴下を履いていないらしいです。

その理由は、普段から靴下を履いていると
感覚が鈍って靴下の正確な品質が確認できないの
だそうです。

私生活から靴下愛を感じる方ですね。

靴下屋ではメンズの取り扱いもあるようなので、
今度試しに買ってみようと思います。

ガネーシャさま

ちゅーもにふぇーでーびたん!

釈迦

またやーさい!

スポンサーリンク