ドラマ

なつぞら第1週(第1話-6話)感想とあらすじネタバレ!!(4/1-4/6)

NHK連続テレビ小説 なつぞらが4月1日(月)から始まりました。15分という短い時間の中で、物語が次から次へと進んでいくのが、見ていてとてもワクワクするのが何といってもこの朝ドラの見所ですよね^^
今回は、記念すべき100作目ということもあり、ヒロインの広瀬すずさん演じる『奥原なつ』は、どんな風に成長していくのでしょうか。

スポンサードリンク

なつぞら1話(第1週)あらすじネタバレ!

広大な平野と日高山脈。牧場を見下ろす丘の上、キャンパスに向かい北海道・十勝の風景画を描くなつ(広瀬すず)。
なつが十勝にやってきたのは昭和21年、戦争が終わった翌年の初夏、9歳のときだった――復員服を着た剛男(藤木直人)に手を引かれ焼け野原の東京から十勝にやってきたなつ(粟野咲莉)。夫の無事の帰還に喜ぶ富士子(松嶋菜々子)たち柴田家の家族だったが、剛男が連れてきた見知らぬ少女の姿に戸惑いを覚える。

なつぞら2話(第1週)あらすじネタバレ!

戦争で両親を失った9歳のなつ(粟野咲莉)は、剛男(藤木直人)に引き取られ北海道・十勝にやってきた。剛男の説得で妻の富士子(松嶋菜々子)は、なつを受け入れることを決意するが、娘の夕見子(荒川梨杏)は、両親が優しく接する自分と同い年のなつの存在が気に入らない。

そんな中、なつは柴田家の牧場で働かせてほしいと願い出る。富士子の父で、北海道の開拓者である泰樹(草刈正雄)は、なつの発言に意外な反応を見せる。引用

泰樹(草刈正雄)は、『明日から夜明けと共に働け!』となつに告げる。
なつが踏み込んだ、初めての酪農の世界だった。

なつぞら2話感想!

食糧難の東京にいた時の暮らしと、北海道でのたくさんのメニューがテーブルに並んでいる暮らし、、、。なつは『夢見たい!』といっていたのですが、東京と北海道での、この差にびっくりでした。

東京での暮らしは、生きるか死ぬか、自分の行動によって妹の生死にも関わってきますし、富士子(松嶋菜々子)が子供っぽくないっていうのも、そういった背景があって、大人にならざるを得なかったという理由があるのかなと。

それを裏付けるのが、ここに住まわせてもらう為に「働かせてほしい」というなつの発言があったり。
筆者は正直、泰樹(草刈正雄)が冷たいと思ってしまったのですが、なつのことを考えての発言なのかもしれませんね。

なつぞら3話(第1週)あらすじネタバレ!

北海道・十勝の柴田家に来て以来、なつ(粟野咲莉)は泰樹(草刈正雄)の指導のもと、酪農の仕事を覚えようと早朝から働いていた。柴田牧場で働く菊介(小林隆)と悠吉(音尾琢真)親子は、重労働にも取り組むなつの姿に感心するが、富士子(松嶋菜々子)は、学校にもいかずに働くなつを心配する。そんなある日の夕食で、なつは食事をしながら居眠りをしてしまう。その姿を見た富士子は、たまらず泰樹に向かって思いをぶつける。

なつぞら3話感想!

一日でも早く酪農の仕事を覚えようと、朝は4時起きで、牛たちに良い父を出してもらえるように奮闘するなつが、何といっても健気なこの第3話。
牛の寝床を綺麗にしながら、「牛みたいに食って寝たいだろう」っていうジョーダンに対して、真剣に「私は乳を出せないから。力を出さないと」とここでも富士子が聞いていたら、絶対泣いていたセリフを言うなつ。その後、初めての乳搾りを泰樹から任されて無事にやりきったのもつかの間、泰樹に連れられて、馬車でどこかに連れて行かれるのですが、どうなってしまうのでしょうか。

なつぞら4話(第1週)あらすじネタバレ!

柴田泰樹(草刈正雄)に連れられ、なつ(粟野咲莉)は帯広の闇市にやってきた。そこで泰樹は、両親を亡くし戦後の東京で必死に生き抜き、きょうだいと離れ北海道にやってきたなつの境遇を知る。そして二人が向かったのは菓子屋・雪月。出迎えた雪月のとよ(高畑淳子)は泰樹が孫の夕見子(荒川梨杏)を連れてきたと勘違い。息子で菓子職人の雪之助(安田顕)と妻の妙子(仙道敦子)も出てきてどんどん話が膨らんでしまい…

なつぞら4話感想!

また放送後に追記していきます。

なつぞら5話(第1週)あらすじネタバレ!

帯広から柴田牧場に帰ってきたなつ(粟野咲莉)は泰樹(草刈正雄)の許しを得て学校に通うことになった。登校初日の休み時間、転校生に興味津々の同級生たちに囲まれると、東京で浮浪児だったことをからかわれてしまう。そのとき、教室でひとり絵を描いていた山田天陽(荒井雄斗)がなつをかばう。放課後、お礼を言おうと天陽に近づいたなつは、まるで生きているかのように躍動する、ノートに描かれた馬の絵に目を奪われる。

なつぞら5話感想!

また放送後に追記していきます。

なつぞら6話(第1週)あらすじネタバレ!

なつ(粟野咲莉)は柴田家や学校、酪農の仕事に溶け込んでいく一方で、東京に残った兄の咲太郎に手紙を書き続けていた。そんな中、同じ年の夕見子(荒川梨杏)は、思い切ってなつの本心を訪ねる。ところが、なつからは無理にやさしくしないでいいと気のない返事をされてしまう。ある日、なつが夕見子の妹・明美の子守をしていると、泣かせてしまう。そこに夕見子が現れ、明美になにかしたとなつは疑われてしまい…

なつぞら6話感想!

また放送後に追記していきます。