スポーツ

大阪桐蔭(夏の甲子園2018)メンバーは?出身中学や部員数も気になる!

はいさい、黒糖先生どぅえす!

今日の大阪桐蔭×沖学院の試合
見ましたか!!?

前半の接戦からの後半、
ホームランの連打連打連打!

そして、6回ウラここで大きく試合が
動き、結果大阪桐蔭が10-4で見事勝利。
3回戦へコマを進めるかたちとなりました。

さすが優勝候補大阪桐蔭ですね。
熱い試合をありがとーーー!

ってことで、
今日は、大阪桐蔭にフォーーーカスっ!

スポンサードリンク

まずは、ベンチ入りメンバーから
調べてみることにします。

大阪桐蔭野球部甲子園ベンチ入りメンバーは?

背番号名前学年位置身長体重出身中学
1柿木 蓮3年投手181㎝85㎏多久市中央中
2小泉 航平3年捕手178㎝74㎏御坊市河南中
3石川 瑞貴3年内野手178㎝75㎏堺市泉ヶ丘東中
4山田 健太3年内野手183㎝83㎏稲沢市千代田中
5中川 卓也3年内野手175㎝78㎏大阪市長吉中
6根尾 昴3年内野手兼投手兼外野手177㎝78㎏飛騨市古川中
7宮崎 仁斗3年外野手170㎝70㎏組合立式下中
8藤原 恭大3年外野手181㎝78㎏豊中市第五中
9青地 斗舞3年外野手173㎝73㎏富田林市貴志中
10横川 凱3年投手190㎝85㎏米原市大東中
11井阪 太一3年内野手178㎝85㎏奈良市春日中
12飯田 光希3年捕手180㎝78㎏板野町板野中
13宮本 涼太2年内野手173㎝76㎏寝屋川市第一中
14俵藤 夏冴3年内野手181㎝75㎏今治市西中
15青木 大地3年捕手180㎝76㎏木津川市木津第二中
16中野 波来2年外野手175㎝75㎏淡路市岩屋中
17奥田 一聖3年内野手180㎝72㎏札幌市栄南中
18仲三河 優太1年投手178㎝78㎏栃木市大平中
19中田 惟斗2年内野手兼投手180㎝78㎏御坊市御坊中
20宮脇 大地3年外野手183㎝73㎏西宮市鳴尾中

大阪桐蔭野球部の部員数は?

大阪桐蔭は野球の強豪校ですから、
さぞかし強者がひしめきあっているんでしょうね。

その部員数は! 63人!

ガネーシャさま

えっ、あれ?割と少ないんですね

他は部員100人を超える高校も多いのですが、
やはり少ないと感じる方も多いと思います。

でも、なんで部員が少ないのに強豪と呼ばれるのか?
ですが、ちゃんとした理由があります。

1.全国各地の有望な中学生をスカウトしている
大阪桐蔭野球部の西野監督が常にアンテナを張って、
全国各地から可能性を秘めた中学生を
スカウトしているんですね。

どおりで、出身中学がバラバラなわけです。

2.部員全員が入寮し、私生活から鍛えられている
全員が寮生活で部活から私生活まで共同で行うことにより
精神面、忍耐力が鍛えられ、
チームワークも良くなるということなんです。

本当に野球に高校生活をかけた猛者たちが
一つ屋根の下で暮らしているわけですね。
右も左もライバルだらけです。
気は休まるのでしょうか??

3.練習環境や設備が整っている
グラウンドは山の中にあり、広いんです。
レフト95m、センター100m、ライト90mで
外野は人工芝、内野は黒土を使用しています。

また、ブルペン三か所もあり、
雨の日の練習環境もばっちりです。

以上の事から、大阪桐蔭野球部には
少数精鋭の部員たちがいる事が、
甲子園常連になる由縁というわけなんです。

大阪桐蔭野球部注目選手は?

根尾 昴 選手
(内野手兼投手兼外野手)

出典:野球クロスロード

夏の甲子園2018で最も注目されている
選手といっても過言ではありません。

彼は遊撃手と投手の二刀流で、
投手としては最速148km/hを記録しています。

横川 凱 選手
(投手)

出典:Sports navi

身長190㎝という長身から繰り出される
ストレートは最速で144km/h記録しています。
他にスライダーのコンビネーションも武器となっています。

現在は、まだ体作りが未完成の為、
有り余るポテンシャルを発揮できていないのが残念なところ。

成長に従って、その能力の伸びしろは計り知れません。
今後も大いに期待できます。

藤原 恭大 選手
(外野手)

出典:Hatena Blog

彼の強さの源はその性格にあるようです。
とても負けず嫌いで、どんな努力も惜しまない
そんな姿勢が、彼のバッティング時の筋肉にも
現れています。

また、足が速く50mを5秒8
駆け抜けるというのですから驚きです。

対戦する選手からしてみれば、
盗塁は勘弁してほしいですね(笑

まとめ

8/13(月)沖学園に10-4で勝利した
大阪桐蔭は3回戦8/16(木)15:30ごろから
高岡商(富山)と対戦します。

お見逃しなく!

ガネーシャさま

ちゅーもにふぇーでーびたん!
またやーさい!

この記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク