テレビ

ひょっこりはんが消えた理由は?曲の著作権が原因?トーク力も調査!

“ひょっこり芸”で一躍ブレイクを起こした
『ひょっこりはん』
「2018年 上半期ブレイク芸人ランキング」で
堂々の2位を飾ったのは最近の話ですね。

乃木坂46の白石麻衣さんや
嵐の二宮和也さんもバラエティで真似をしたり
テレビやSNSで見ない日はないというほどでした。

しかし、芸人の世界は厳しいですよね。

2018年の下半期を迎え、
どうやら露出が少なくなってきて
そろそろ消えるのでは??という声も
出てきています。

こういうリズム芸をする芸人さんには
避けて通れない道ですよね。

5月には、使用しているBGMが
著作権侵害だという事でも
ニュースになりました。

では、テレビの露出が少なくなった
原因などについても調べてみました。

スポンサードリンク

ひょっこりはんのプロフィール

 

View this post on Instagram

 

ひょっこりはんさん(@hyokkorihan)がシェアした投稿

あらためてひょっこりはんとは
どういった芸人さんなのか
調べてみました。

芸名ひょっこりはん
本名宮下 聡(みやした さとし)
生年月日1987年4月28日
年齢31歳(2018年10月現在)
出身地滋賀県守山市
事務所よしもとクリエイティブ・エージェンシー

ひょっこりはんは、大学時代に高校生の時からの
同級生に誘われ「エニグマ」という
コンビを組んでいました。

大学卒業後、2012年NSC18期生として入校後、
知人の紹介で知り合った「南部幸一」さんと
2013年にコンビ「ダイキリ」を結成。

しかし、2016年にはネタ作りに対する
意見の相違が原因で解散し、
そこからピンでの活動を始めます。

そして2017年大晦日に放送された
「ぐるない おもしろ荘」に出演したことを
きっかけに一気に人気に火が点ついた分けなんです。

今見てみると、当時のインパクトは大ですね。
ゲストの反応を見ても大ウケしているのが
よくわかります。

この時本人は、確かな手ごたえを感じていたはずです。

スポンサードリンク

ひょっこりはんが消えた理由

しかし、2018年上半期の人気芸人から
現在ではテレビの出演回数も見て分かるほど
少なくなっております。

考えられる原因はいくつかあります。

1.BGM著作権侵害で人気が落ちた?
2.トーク力に乏しいのでは?
3.ワンパターンのリズムネタに飽きた?

一つずつ見ていきましょう!

BGM著作権侵害で人気が落ちた?

無料で使えるフリー音源を配信していた
運営会社「MusMus」側がひょっこりはんに対し、
利用規約にある禁止行為の
「二次配布を行った」として2018年5月末頃抗議。

しかし、それに対して1週間もひょっこりはん側からの
反応がなかった為、おおやけになり、
事務所やひょっこりはん側が謝罪することで
解決したという問題でした。

これに対してツイッターでの反応はというと

このように著作権侵害の警告への対応の遅さ、
BGM変更に伴うネタイメージの低下により
人気が落ちたと考えられます。

忙しくて、連絡を見逃していたのか
意図的に無視をしていたのかは不明ですが、
宮下聡の人間性が垣間見えた瞬間かも知れないですね。

ガネーシャさま

はい!うっかりはん♪

トーク力に乏しいのでは?

ひょっこりはんが出演するのは、
だいたいネタ見せの番組で
なかなかトーク番組では呼ばれていませんね。

正直トークができるイメージが湧かないのですが、
実際はどうなのでしょうか。

寒さが原因なのかな??
動画のタイトルは「ひょっこりはん トークショー」と
ありますが、ほとんどネタ見せで
後半の軽いトークは見事にカットされていますねww

う~ん 汗

反応を見る限り、ひょっこりはんブーム中の
3,4月あたりはトーク力に対する肯定派意見も
ありますが、時間が経つにつれ、厳しい意見が出てきています。

ガネーシャさま

トーク力・・・はい!さっぱりはん♪

ワンパターンのリズムネタに飽きた?

これはリズムネタ芸人にとって、
一番恐れていることではないでしょうか。

これは・・・正直、致命的ですよね。

そして、これが一番の原因ではないでしょうか。

ガネーシャさま

はい!うんざりはん♪

ひょっこりはん消えた理由まとめ

2018年上半期絶好調のひょっこりはんが
消えた原因をまとめてみましたが、
いかがでしたでしょうか。

いろいろな要因はあるかもしれませんが、
著作権侵害に対するイメージ低下

トーク力のなさ

ワンパターンネタへの飽き

この3つが大きいという見解に至りました。

しかし、これを逆手にとって、
いままでのイメージを180度変えるような
ネタやキャラを作り出すことによって
今後もテレビで見る機会が増えるかもしれません。
(えらそうな事を言ってすみません・・・)

しかし、この記事は決してアンチではなく、
現状の事実をまとめ、それに対して
更なる飛躍を期待しているものだと
受け取っていただけると幸いです。

ガネーシャさま

ちゅーもにふぇーでーびたん!
またやーさい!

スポンサーリンク