未分類

アシダカグモ(軍曹)画像は?販売場所やゴキブリハンターの意味や動画も!

はいさい、黒糖先生です。

皆さん、夏は好きですか?
海に花火にまつりにフェスに
楽しいベントが目白押しですね。

じゃあ、夏に嫌いなものってなんでしょう。
高気温、汗、虫・・・。
そう、虫です!
虫の中でも嫌われものNo.1
それは、ゴキブリ!
もう、逆ムシキングと言っていいのでは
ないでしょうか!?

ゴキブリって生命力や繁殖慮が高く、
良く家で1匹見たら100匹はいるなんて
言いますが、本当だったら怖いですね。

でもゴキブリにとって天敵がいる事を知っている方は
意外と少ないんです。
それは、 『アシダカグモ』

今回はこのアシダカグモについて、
調べてみました。

アシダカグモの画像

とりあえずクモだということはわかりますが、
どんなクモかわからない方も多いはず。
百聞は一見にしかずです。


うっ。。。強そう。。。

アシダカグモの体長

アシダカグモ体長はオスで20~30mm、
メスでは10~25mm、
全長(足まで入れた長さ)は
約100mm~130mmとなり、足を広げた大きさはCD1枚分くらいの大きさ。
オスはメスより少し体が小さく、
やや細身で、それに触肢の先がふくらんでいます。

見た目の大きさから毒グモに間違えられますが、
人間に害を与えるような毒は持っていません。

アシダカグモの生態

アシダカグモは、
人家に棲息する大型のクモとしてよく知られており、
徘徊性で、網を張らず、歩き回って獲物を捕らえます。

また、元々日本に生息するクモではなく、
1978年に長崎県で初めて発見された外来種です。
(原産地はインドと考えられている)

流入にはいくつかの説があり、
「輸入した果物に紛れ込んでいた」や
江戸時代に「ゴキブリ駆除の為、人為的に持ち込まれた」
などあります。

日本では、福島県以南の本州・四国・九州地方に生息し、
ゴキブリを主食にすることから、
全国で分布が進んでいるようです。

アシダカグモがゴキブリハンターと言われる由縁

上述もありますが、
私たち人間にとって嬉しいことに
アシダカグモの主食はゴキブリです。
ゴキブリを食べまくる事が、
ゴキブリハンターと言われる由縁です。
別名アシダカ軍曹とも呼ばれます。

そんな大好物なゴキブリがたくさんいる場所は
つまりアシダカグモも大はしゃぎ!
猫でいうペティグリーチャム的な存在なんです!

では、実際にその捕え方をご覧ください。
※閲覧注意

クモは害虫と思われがちですが、
一番の嫌われ者を駆除してくれるとなると
クモの見方も変わってくるのではないでしょうか?

アシダカグモの購入

アシダカグモの分布は広いですが、
どこにでもいる訳でもないですし、
ゴキブリ退治に薬を使いたくない方は
アシダカグモが欲しいと思うかもしれません。

アシダカグモの販売店はなさそうですが、
個人的にヤフオクで取り扱っているみたいです。
ヤフオク
相場は1,000~2,000円/匹みたいです。

まとめ

ゴキブリの多いこの時期、
新しい方法で駆除を考えてみては如何でしょうか。

ゴキブリもクモも嫌いな私にとっては、
どちらも害虫でしかない!
どちらも食べてくれる鳥だったら欲しいと思うのは
贅沢なのでしょうか。。。

ガネーシャさま

ちゅーもにふぇーでーびたん!
またやーさい!

この時期が皆様のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク